オリジナルTシャツ

Post List

オリジナルTシャツの注文と作成方法

学園祭や地域の祭り、スポーツチームのユニフォームとしてオリジナルTシャツを作成します。オリジナルTシャツの作成で最も多いのが業者へプリントを委託することです。その方法については、業者によって細かな方法は違いますが、インターネット経由での注文時には共通的には大きく4ステップとなります。
まず、最初はベースにするTシャツを選びます。ここでは生地の色や種類やサイズを指定します。注意点としては、大量のオリジナルTシャツを作成する際にサイズ毎の枚数の間違いです。次のステップは、プリントするデザインの選択です。完全に自作したデザインであれば、パソコン等で作成したデザインのデータを送ったりする必要があります。
しかし、業者が準備したデザインであれば、インターネットで選択するだけでデザインを決定できます。3ステップ目として決定したデザインをTシャツにどの部分にどの大きさでプリントするかを指定します。これで基本的には注文は終了で、最後に支払い方法を指定します。
なお、ここまで注文方法はインターネット経由での方法ですが、凝ったデザインのオリジナルTシャツを作成する場合には、やはり店舗に来店をして細かな打ち合わせをするのが無難です。

WEB完結という手軽さが嬉しい

自信でイラストを描かれていたり、何かのイベントで使用するノベルティグッズであったり、オリジナルデザインのTシャツを作成したいと思う機会も歩かと思います。料金やかかる時間、どのような手順で作成すれば良いのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
オリジナルTシャツを作成するには、まず専門の業者に注文をします。自作のイラストやロゴデザインなどをTシャツにプリントしてもらう場合なら、そのデータを業者に渡し、1からデザインをしてもらう場合なら、業者のデザイナーに依頼をします。イラストだけでなく、自分たちで撮った思い出の写真などを使用することもできます。注文する業者にもよりますが、1枚から受け付けてくれるところもあるので、個人的な趣味でオリジナルTシャツを気軽に作成することもできます。
サークルやグループで行うイベントでおそろいのTシャツを作成する場合や、イベントのグッズとして販売したい場合などにぴったりのオリジナルデザインのTシャツ。専用業者のホームページなどから、簡単に申し込むことができ、WEB完結という手軽さも嬉しいですね。イベントなどの準備作業で追われている忙しい時でも希望のデザインと枚数のオリジナルTシャツを素早く作成することができます。

ドライ素材で作成されたオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作成するときは、用途に合った生地を選ぶのが大切です。もしスポーツに使いたいなら、そのときは、ドライ素材のオリジナルTシャツがおすすめです。ドライ素材は、吸水性と速乾性が高い、メッシュの素材です。メッシュは通気性も抜群であり、スポーツをするには最適な生地と言えます。汗をかいてもべたつかず、サラッとした快適な着心地なので、夏のイベントで使う際にも便利です。
このドライ素材は、「ポリエステルメッシュ」と「立体メッシュ」の2種類があります。ポリエステルメッシュは、ポリエステル100%の素材です。つるつるとした柔らかい生地であり、とても肌触りがよいことで人気があります。また、速乾性が高いだけでなく、伸縮性が高いこともメリットです。これは、サッカーのユニフォームに近い生地と言えるでしょう。
立体メッシュは、ポリエステルと綿を混ぜた素材であり、速乾性が高いと同時に、綿のような肌触りもあります。立体的な構造のメッシュにより、速乾性がより高くなっているのも特徴です。こちらは、綿が混ざったことで、ポロシャツに近い生地となっています。ドライ素材のTシャツを作成するときは、この2種類から、好みの生地を選択することができます。自分に合ったものを選んで、見た目だけでなく、着心地にもこだわったオリジナルTシャツを作成しましょう。

オリジナルTシャツのプリント方法の種類と特徴

オリジナルTシャツはオンリーワンのTシャツを作ることができ、イベントにはもってこいのアイテムです。オリジナルTシャツを作る上で、業者に発注することは簡単で安心な方法です。その際、プリント方法には様々な種類があるため、作りたいイメージに合わせた方法の選択は重要です。 まず最も一般的な方法として、シルクスクリーンというものがあります。「版」というものにインクを入れて、Tシャツに直接刷っていく、という方法になります。これは大量注文の際、製作のコストを抑えることができ、インクの種類が多いため好みの仕上がりに近づけやすいというメリットがあります。ただ、少量の注文の場合だと、やや割高になってしまう方法です。また、インクジェットという方法も広く知られています。これはインクを直接Tシャツに吹き掛ける方法ですが、「版」を使用しないのが特徴的です。そのため、少量発注でもコストを抑えることができ、細かいデザインもプリントすることができます。 他、カッティングという方法もありますが、発色が綺麗で一枚からも注文できるというのが特徴的です。一枚ずつ違う番号を入れることができるため、ユニフォームに多く使われています。求めているオリジナルTシャツに適した方法を選択することで、より質の高いものが作れるでしょう。